Is There a Moon ?

にわかに見たこと、感じたことなどを気軽に掲載

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

プロフィール

にわか

管理人:にわか

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書の秋(もっと前の話)

読書感想文も溜まりに溜まって10冊以上。
小分けで放出していきたいと思います。

---

- ナナブンノイチ / 木下 半太 (角川文庫)

サンブンノイチゴブンノイチに続くブンノイチ作品。
他の作品には無い、チーム愛が感じられ、木下ワールドには珍しい綺麗な終わり方。こういうのも良いですね。

- 舞姫通信 / 重松 清 (新潮文庫)

1人の死から紡がれる物語。
嘘か真か、嘘から出た真か、ちょっと前の作品ですが、今まさに考えさせられる作品ですね。

- ちょいな人々 / 荻原 浩 (文春文庫)

ちょっと変わった人、モノで紡がれる短編集。
長編モノも良いですが、短編だからこそ描ける起承転結も荻原氏の醍醐味です。

---

ひとまず今回はこの辺で。
スポンサーサイト

読書は開門待ちに

はい、また溜め込みました。

開門待ちは読書に最適。
その分、買い足すのが間に合わないんですよね・・・ま、このペースもあと1日ってとこで。

- きみの友だち / 重松 清

フィクションなんだけど、ノンフィクションに感じてしまう重松ワールド。
そこには映画、漫画のようなヒーロー、ヒロインは無く、だからこそリアルに感じるんですよね。

- 女王ゲーム / 木下 半太

「裏切り」ではなく「信頼」の中にある裏の裏を読む展開。
こういう密室こそが木下ワールドの良さですよね。

- スイングアウト・ブラザース / 石田 衣良

下手に結論を持って来ず、「これから」を読者に投げかけるのが石田ワールドの真骨頂。
この作品も漏れなく、今後はあなた次第ってことで。

- ザビエルの首 / 柳 広司

こういう歴史に介入する展開、嫌いじゃない。
こういうシリーズものが出来そうなのもイイネ。

- 押入れのちよ / 荻原 浩

長編ものが好きだけど、短編だからこそ描けるものもある。
久しぶりにほのぼのした荻原作品が読みたいですね。

---

以前に読み飛ばしていた作品をちらほらとピックアップして。
しかし、ここまでスピードが上がるとより好みしている隙がないね。

読書は続くよどこまでも

一度サボるととことんサボってしまう負の連鎖。

今回もまとめて放出です。

- ウィンター・ホリデー / 坂木 司

前作、ワーキング・ホリデーから続いて。
裏切りのない、実に一途であり、健気な関係が良いですね。
続きもあるようなので、今後もチェックしていきたいと思います。

- 永遠を旅する者 ロストオデッセイ 千年の夢 / 重松 清

これまで多くの重松作品を読んできましたが、ゲーム作品というのもなかなかに珍しい。
こういう世界観も描けるんだな、ということで、中々興味深い作品でした。

- キング&クイーン / 柳 広司

時折挟まれるエピソードとタイトルとが、終盤にようやく理解できる作品。
確かに2度読めばスッキリしますね。

- PK / 伊坂 幸太郎

一つのシーンに辿り着くまでに込められた、様々な人のストーリーとそこに至るまでの分岐点。
ifものを描かせたらホント伊坂ワールド全開になりますね。

- アヒルキラー 新米刑事赤羽健吾の絶体絶命 / 木下 半太

各所に散りばめられている点が線となり、また点となり・・・最後の最後で本当の線を見せる。
久々に木下ワールドの真骨頂を見せられ、その瞬間は鳥肌が立ちました。
これも続編があるので、非常に楽しみです。

---

感想も色あせていくので、次回からは貯めこまずに放出していきたいと思います・・・

まとめ読み

更新を疎かにするとどれを書いていたのか忘れてしまいがち。
そんな年始から貯めていた4冊を放出です。

呼人 (講談社文庫)呼人 (講談社文庫)
(2002/07/16)
野沢 尚

故野沢氏の作品。

主人公の鬼気迫る感じが、我々読者をその世界へ導いてくれる。
それが野沢氏の最大の魅力です。

時代の移り変わりに反して変わらない呼人。
見た目は子供、頭脳は大人・・・なんて一言で語れない壮絶な日々。

そんな彼を慕う、成長してきた仲間たちに支えられ、これも1つの成長の物語ですね。

---
ゴブンノイチ (角川文庫)ゴブンノイチ (角川文庫)
(2014/01/25)
木下 半太

サンブンノイチに続けて。
主人公?らはサンブンノイチから変わっていますが、裏の組織は継続して登場。

最後の最後まで逆転の逆転の展開は相変わらずです。
悪夢シリーズの次は、これがシリーズ化のようですね。

---
ヒート (実業之日本社文庫)ヒート (実業之日本社文庫)
(2014/06/05)
堂場 瞬一

東京マラソンの日ですが、東京マラソンの実情を皮肉ったような?作品。

チームの続編にあたり、孤高のエース山城を中心に描かれ、彼の唯我独尊っぷりには少々苛立ちを覚えながら読みました。

そして、確かにこういう記録のみを目指す大会は確かに必要ですね。

---
定年ゴジラ (講談社文庫)定年ゴジラ (講談社文庫)
(2001/02/15)
重松 清

流星ワゴン絶賛放映中の重松氏の作品。

誰もが描いた夢と、その夢の結果、そしてこれからの夢。
終盤はぐっとくる展開でしたが、終わりは清々しく。

決して華やかではないし、広大な夢でもない。
けれども、心に染みる、心に残す、それが重松氏の作品の良さだと思います。

追い込み

全盛期に比べるとまだまだぬるい。

師走、読書も大詰めです。

ロング・ロング・アゴー (新潮文庫)ロング・ロング・アゴー (新潮文庫)
(2012/06/27)
重松 清

短篇集でありながら、1話と最終話は時が流れてつながるお話。
それぞれの人が抱える表の姿と裏にある心の中身。

懐かしさもあり、儚さもあり、それら全てが目に見えてくるようでした。

永遠のディーバ: 君たちに明日はない4 (新潮文庫)永遠のディーバ: 君たちに明日はない4 (新潮文庫)
(2014/09/27)
垣根 涼介

君たちに明日はないシリーズにあたる第4弾。

切られるというよりは、自ら断つ決定をする者が多めのストーリー。
これも世の流れでしょうか。

どちらにしても、1つの決断を下すことへの葛藤と、決意後の潔さには、
決して人ごとではないので身にしみてきます。

 | ホーム |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。