Is There a Moon ?

にわかに見たこと、感じたことなどを気軽に掲載

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

プロフィール

にわか

管理人:にわか

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バトンタッチ

雨の中、足は彼の地へ。

鹿島神宮に立ち寄り

鹿島神宮。
この地には数度来ていますが、初めて参拝します。

武甕槌が祀られているという由緒正しき地

かの武甕槌(タケミカヅチ)が祀られている地。
なんかそれだけでもご利益がありそうです。

---

ジーコ像再び

もう一人の神、ジーコも見守る場所。

バックスタンド側から

来ました、カシマスタジアム。
今回は初のバックスタンド側からの観戦です。

鹿島レジェンド再び

ANTLERS LEGENDS

Jのレジェンドも集結

KAY FRIENDS という名のJレジェンズ。

中田浩二、柳沢敦、新井場徹の合同引退試合である ENCORE が開催されました。

---

カズもJ2から参戦

前日試合のあった三浦カズ選手も参戦。
OB戦を見る機会がちらほらありますが、今回は現役選手が多く参加してくれたのが嬉しかったです。

秋田、中山の競り合いも顕在

秋田と中山の現役時代さながらの競り合い。
伝説を作った鹿島から離れた京都で引退し、監督にまでなった秋田。

いぶし銀の奥野僚右

その秋田とDFを統率していたのが奥野僚右。

日本代表には呼ばれなかったものの、鹿島の一時代を支えたセンターバックの要です。

スピードスター増田忠俊も

好きな数字は、と聞かれると頭に思い浮かべるのはあの数字と14の2つ。
その14を背負っていたのがこの増田忠俊。

試合終了間際に見せる期待あふれるプレーが今も記憶に残っています。


彼ら以外にも、平瀬、鬼木、名良橋、室井、阿部・・・この合同引退試合は彼らの引退試合でもあると思います。

ミスターアントラーズ本田泰人も

ミスターアントラーズ、本田泰人。

鹿島一筋で2006年に引退。
こういう選手は中々出てこない時代になりました。ちょっと寂しい気もします。

そして主役たち。

中田浩二

去年でピッチを去った中田浩二。

テクニック、スピードでは劣るところを的確なポジショニングとメンタル、フィジカルでトップクラスになった選手。
あの雪の国立競技場の決勝戦からずっと応援し続けてきました。

残された曽ヶ端、小笠原、そしてその決勝戦で戦った本山。
ゴールデンエイジとして同期入団した彼らとも最後の試合です。

新井場徹

ガンバから来た日本代表候補、新井場徹。

結局、日本代表には定着できませんでしたが、相馬が去った左サイドを中心に複数のポジションを起用にこなしていました。
今回の引退試合を一番盛り上げたのは間違いなく彼です。

柳沢敦

エースストライカー、柳沢敦。

10年に1人の逸材として鹿島に入団。以降、13番という背番号が選手として「良い」番号だと印象づけたのもこの選手が居たから。という私の好きな数字はその時からこの13(と14)です。

鹿島のFWはこうあるべき、というプレーを完全に表現できるのはこの柳沢ぐらい。だからこそ、チームを離れるときも、それからも鹿島ファンから愛されてきたのだと思います。


これからが始まり

この試合の1つ1つのプレー、選手を見ると、多くの記憶が蘇ってきます。

新しい鹿島のスタートです

語り尽くしきれない多くの思い出。
それがこの1試合、90分に凝縮されていました。

---

2015年7月5日、ここから鹿島アントラーズの新しい伝説がスタートする、そんな予感がします。
スポンサーサイト

仙台紀行

先週の話ですが・・・

レッツパーリィ

レッツパーリィ!

仙台に行ってきました。
伊達政宗公を拝むのはこれが初です。

牛たんを食す

その後、牛たんを食べに。入ったのは喜助。
肉厚で1.5人前でも物足りなさも感じるほど美味しかったです。

仙台をぶらり

その後、目的のイベントまで時間に余裕があったので仙台駅周辺をぶらり。
大した下調べをしていなかったため、ただ歩いて疲れて・・・終了。

ユアテックスタジアム仙台へ

メインイベントの会場であるユアテックスタジアム仙台。
サッカー専用スタジアムです。

ユヴェントスOB vs ベガルタ仙台OB

ここに集まりしはベガルタ仙台のOBと・・・
ユヴェントスOB・・・レジェンズ達です。

ユヴェントスレジェンズ

ユヴェントスファンとしては、仙台と言えど近くで見える機会を逃すわけにはいかない。

ただ、思ったほどメンバーが集まらなかったのが残念。

ユリアーノ、モンテーロ、代わりに来る予定だったジャンニケッダまでもがキャンセル。
最後の望みの目玉、ラヴァネッリがまさかの直前キャンセル。

淡い期待があったデル・ピエロらが来れないのは諦めがついていたのですが、僅かな希望までもが・・・

そんな最後の望みは彼らに託された。

トリチェッリ

トリチェッリ。

右サイドといえばトリチェッリ。そういう時のユーヴェが好きだった私。
すっかり白髪になっていましたが、パワフルなプレーは顕在でした(後半息切れしているようでしたが)。

ダーヴィッツは顕在

エドガー・ダーヴィッツ。

今回のイベントの中心人物。
キレは抜群で、相手が仙台OBとはいえ、スピード、テクニックで翻弄する姿は現役でいけそうな雰囲気でした。
ミドルシュートでのゴール姿を見ると・・・Jリーグで現役復帰して欲しいくらいです。

ダイビングヘッドで決着

決着をつけるダイビングヘッドを決めたのは・・・

ヤノダイスケ

ザッケローニの通訳を務めた矢野大輔氏。
飛び入り(もともと人数が少なかったのも関係したのかも)でユヴェントスに参加するやいなや、まさかの決勝ゴール。

その後、15歳でイタリアに行き、トリノで下部組織に居たと知りました。
なるほど、それなら納得の選出ですね。

OB戦とはいえ、良い試合でした

それにしてもこの壮絶な試合結果。
平均年齢はユヴェントスのほうがはるかに上回っているにもかかわらず、人数は15人程度。
逆に仙台はオールメンバーチェンジできる人数。

それでまさかの90分試合をやりきるとは。

去年来たイタリア代表OB戦も見ましたが、それ以上の動きでした。
かなり仕上げてきたイメージです。

仙台OBには鹿島OBも多く在籍していたので、その勇姿も楽しみにしていましたが、平瀬は・・・相変わらずでしたね。

最後にペソット

最後に監督を務めたペソット。

思い出したくもない八百長疑惑で、自殺未遂などもありました。
ユヴェントスの歴史には多くの名選手がいますが、レアルやバルサのように、サッカーをあまり知らなくても名前は知っている有名選手は、正直言って多くありません。

ただし、実力のある選手が揃うのがユヴェントスの良さだと、この試合を見ても感じました。
そういう選手の代表にペソットや、イタリア代表監督に就任したコンテも挙げられるのかなと思います。

そういう地味だけど強いユヴェントスがこの90分に凝縮された良い試合だったと思います。
無理して来たかいがありました。

---

帰路。
実はこの旅は車での日帰りで敢行したものでした。

が、家についたのはもう4時になろうかというところ。
Uターンラッシュが終わったぐらいでしたが、途中に故障車もあり・・・疲れました。

ということで写真整理も遅くなったという感じです。

さぁ、来週からセリエA開幕です。今季は欧州でも良いところを観せて欲しいですねっ!

Forza Juve!!

開幕

2014年のJリーグが開幕しました。

昨年は念願の鹿島最終戦を観に行きましたが、その場でまさかの敗戦。
ACL出場枠すらも逃すという場に立ち会ってしまい、屈辱的な終わり方をしてしまいました。

この国立で観られるのももう最期かな

そんな思いは開幕戦で吹き飛ばすっ!

ということで、急遽開催地が近場の国立競技場に変わった甲府vs鹿島を観戦しに行きました。

本来、この試合は甲府で行われる予定でしたが、先々週の雪で使えない状況になり、延期か、というなかでここ国立競技場で甲府ホームとして開催が決定。

ならばこのピンチをチャンスに、いざ観戦!となりました。
ちなみにこのチャンスを知ってか知らずか、今季の新ユニ(背番号12)を手配していたのでそれを着ての観戦。一体感があってテンション上がりまくりです。

久々の快勝ゲーム

雨の天気予報も、試合中はこれといった雨にふられず、応援もしっかりできました。

何より4-0での快勝。
全てセットプレーというのがちょっと前の鹿島らしい。大迫も抜け、若い世代で構成されたスタメンでしたが、蓋を開ければサイドの攻撃も魅力的に映りました。
DFは昌子がやや不安定さを見せたものの、ゴールを決めてからは落ち着いていたと思います。

ダヴィに用意された新コールはこれから成熟されていくと思いますが、そのコールに応える2ゴール。
今季はやってもらわにゃいけませんからね。

曇天でしたが、久々に良い気分で競技場を後にできました。
またこの新ユニで観戦しに行きたいと思います。

それまできっちり優勝争いに絡んで、来年こそはACLに復帰したいと思います。

ラストゲーム

今年最後の試合。
いろんな意味があるこの試合に、遂に乗り出した。

鹿島アントラーズのクラブハウスへ

鹿島に行ってきたー!

ってことで、今年のラストゲームを観戦するため、鹿島に行ってきました。
開門前だったので、クラブハウスに立ち寄りで。

このピッチを後にしたメンバー

前にここに来たのはあの震災の数ヶ月前。
そんなに気軽に来れる場所でもないので時間はかかってしまいましたが、またこの地に戻ってこれて感無量です。

もちろん試合前なので選手は不在。
その勇姿はピッチで見るからいいもんねっ!

カフェで食事を

時間も頃合いだったので練習場の手前にあるアントラーズカフェで昼食を。

岩政の鉄壁丼

岩政の鉄壁丼(ドリンク付き)。

今年最後の試合は、岩政にとってはもう1つの意味があり、鹿島でのラストゲームでもある。
その勇姿を見たいけど、勝つことが優先の世界だから、それは諦めてもいます。

だからこそ、最後は勝って笑って送り出したいっ!

スタジアムキタ━(゚∀゚)━!

クラブハウスを後にして、一本道を北上。

あれから3年。遂に私は戻ってきた。

久しぶりのジーコ像

このジーコ像の前にっ!

初のホーム観戦です

そして初の鹿島ホームでの観戦。
ここで鹿島を応援すること。その喜びは試合が終わるまでとっておきたいと思います。

いざ決戦へ!

試合開始1時間前に、IN FIGHTの皆さんの呼びかけでスタンド裏で決起集会。
勝ち点はさておき、得失点で差があるけれども目指すは優勝の一文字。

かしーまあんとらーず!

いざ決戦へ

いざ決戦へっ!

ここに岩政が居れば?

このピッチには岩政は居ない。
進化中の鹿島に居場所はなかったのでしょうか。

---

試合を振り返ることはしない。

結果が全てだとは思いたくないけど、失ったものは大きかった、と思う。

どうする大迫

最終戦としてのセレモニーでも、最後の周回での挨拶でも。

ただ1人、その輪から離れていた選手がそこに居た。
誰かが、ファンが、声を掛けられていたら救われたのでしょうか。

彼がこれから海を渡ることに異論はないけれども、こんな姿のままピッチを去るのか。

大迫よ、前を向けるまで、鹿島を頂点に届けてから行けっ!

岩政の挑戦

そして岩政。

鹿島のセレモニーが終わって、改めて岩政のセレモニー。

出身大学が身近にあり、世代的にも近く、入団当初から特に応援してきました。

秋田、大岩の後継者として日本代表でも羽ばたいて欲しかったですが、監督の人選にも恵まれず、いつの間にかこういう存在になってしまったのかと。

これからの挑戦の場をどこに置くかはわかりませんが、W杯に岩政を連れて行けば良かった(いやまだ可能性はあるか)、と思わせられる活躍ぶりを期待しています。

ありがとう、そしてありがとう

来年も来てやるんだからねっ!!

---

年始に買ったアントラーズ福袋で身を包んで観戦しました。

というわけで来年も福袋をゲットしたいと思います。

と、また悪い癖が出てきてしまったようです。

FORZA ITALIA

競馬週間が終わってもスポーツ週間は終わらなかった。

揃いも揃ったJリーグ代表

木村和司から、藤田俊哉まで、揃いも揃ったJリーグOB。

鹿島からは本田、名良橋、アルシンドといったメンツが出場。
どうせならジーコも出て欲しかったですね。

憧れのイタリア代表揃い踏み

そしてあの熱狂したイタリア代表OBがここ、国立に集結。

パリュウカ、バレージ、コスタクルタ、ディノ、ロベルトら94年組の姿も。
私のサッカー好き、イタリア好き、セリエA好きもここから始まったんだなー。

カズ緊急参戦

事前のメンバー発表では名前がなかった三浦カズが緊急参戦?

J1は代表戦で中断しているものの、J2は中断せず昨日も試合。
カズは出番がなかったようなので、もしかしたらこの試合に照準を?

という中で、きっちり1点を決める当たりが「持っている」証でしょうね。

重戦車顕在

重戦車、クリスチャン・ヴィエリ

スタミナにやや難があったものの2特点はさすが元代表FW。

日本も善戦?

といってもそこは元選手。足が絡まったり、走りきれなかったり。
それでも随所に素晴らしいプレーがあり、質の高さは顕在でした。

武田はいつからオチ担当になってしまったのか。
監督業やりたければ、バラエティ出演は控えた方が良さそうですね。

マテラッツィは控えめに

マルコ・マテラッツィ

今日のメンバーでは若手。2年前くらいまで現役だしね。
そういう意味で、周りに気を使っていたのかいつもより大人しかったかな。

パリュウカもらしさを見せてました

ジャンルカ・パリュウカ

個人的にはイタリアGKと言えばブッフォンよりもパリュウカな世代。
彼なくして94、98のイタリア代表を語れないからね。

バレージは息切れ

フランコ・バレージ

前半少しで熱中症かなんかでバテて交代。まぁしょうがない。

短い時間だったけど、一つ一つ厳しく当たっていっていたのはさすがの姿だった。
この世代のイタリアは思い出補正もあるけど味があっていいですね。

バッジョ次こそは

ロベルト・バッジョ

これぞレジェンドのオーラ、というものを放っていたのがロビー。
残念ながら膝の状態が悪くピッチでその姿をみれなかったのは残念の一言。

彼がいたからセリエAファン、ユヴェントスファンになったわけで。
彼がいなかったら今頃どこの国、どのチームを応援していたのかな・・・

また何時の日かこの目に

後半はイタリア代表組でプレーしたカズ。

前後半80分という、短い時間に凝縮された内容の濃い試合。

あのイタリア代表を、まさかこの目の前で見れるとは・・・本当に感謝したい。

どんなにスペインやドイツが盛り上がろうが、やっぱりセリエAが好き。
そしてユヴェントスがまた欧州の頂点に返り咲くことを夢見て。

最高の一時をありがとうございました。

 | ホーム |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。