Is There a Moon ?

にわかに見たこと、感じたことなどを気軽に掲載

01<< 12345678910111213141516171819202122232425262728 >>03

プロフィール

にわか

管理人:にわか

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デッドリーいーしゃ / RF

 Lv.43遠隔インテボディをTMで購入し、Lv.43遠隔防具一式が揃いました。

 というわけで、当分はアップグレードも大きな買い物もすることはたぶんないと思われるので聖戦とイダーでの修行がメインとなります。

 そしてついに・・・

名実ともにデッドリー

 デッドリーショットがGMに到達。Lv.42になってからは、あまりPTに参加できていないのでソロでのプレイが多く、弓を使っているのが大半に。で、ついにGMと。ギルド名も必殺技もデッドリー。いい感じです。

 これ以上ソロでデッドリーを使う必要もないので銃がメインとなる予定。といってもワイルドショットは範囲なので場所をわきまえて撃たないと危ないことに。特にホボはね・・・リンクしすぎですよorz

 Lv.43へは3歩進んで2歩下がるといった状態。PTで5%あがった経験値が直後のソロでデスペナくらって半分になったりとちぐはぐ。熟練はまずまずあがっているのでカプセルは使わない予定なんだけどね・・・

---

 ひそかに完成を狙っているもの。

+4はいつできるかな・・・

 加工した鉱石から出た無知をこつこつとはめ込んで、ついに+3まで完成。以前の弓+4みたいに必死ではないので無知が出たら大宝石や足りなかったら中宝石を混ぜてアップグレードしてみたり。

 これでインテ並の性能になったので+4になったら今使っているインテ銃と持ちかえる予定。ワクワク。

 そんな感じです....〆(・ω・` )カキカキ
スポンサーサイト

第2回シュバルツ杯 / RF

イベント!イベント!

 26日夜。火山の最深部にあるベルフェゴール城にて第2回シュバルツ杯-全国大会の第2夜が開催されました。

 今回は種族を問わない出身地別でのバトル。私は父が転勤族なもので"出身地"というのが一種のトラウマなわけですが、生まれの四国として参戦することに。

コラ軍団、べラートの前に死す

 人数の関係で中国・四国連合となったわけですが、コラ中心のメンツに。しかも最年長レベルがイーシャの42・・・先行きが不安で一杯です。


 結果・・・惨敗。相手の北海道・東北・甲信越連合は1名も死亡者を出さないという脅威ぶりを発揮。イーシャはまず生身のベラを倒そうとするも失敗し、最後は定番の黒機甲により抹殺。2000potは11個使っての終了でしたとさ。


 その後、決勝戦も北連合が圧勝。生き残りはべラートのみという今後の聖戦が不安になる結果でしたとさ。

 最後はその場にいる全員でのバトルロワイヤル。さて、シグマでも倒すか・・・ちょwww隅っこで座ったままじゃねぇか!

 このブログは、シグマに放置されどこかの黒機甲に瞬殺された物語。。。_〆(゚▽゚*)

---

 その夜の聖戦後、引退されたティフォンさんの遺品オークションが開催されました。

 2時間にも及ぶ白熱したオークは終了。イーシャは目当てのアクセである攻撃10%アップのリングをゲット。セットということで2個を5Mにて落札。本音はもう少し安くゲットしたかったけど、それはティフォンさんに敬意を表して。1個は既にもっているので余ったのはにわかにでも。

 このオークの分配でLv.43遠隔インテレッグを購入。残るはボディのみ。Lv.43を最終目標としてがんばっていきたいと思います。

 そんな感じです...φ(.. )メモメモ

ラストで1400勝 / 競馬

 26日の競馬をもってミッキーこと松永幹夫騎手が引退となりました。

 最終日の11R阪急杯(GIII)では11番人気のブルーショットガンを勝利に導き、最後の12Rは圧倒的な1番人気で期待にこたえて勝利。そしてそれが1400勝目という過去に前例がないほどのすばらしい有終の美を飾ってくれました。

 ミッキーといえば、個人的にはメジロブライトがまず思い出されます。クラシックでは最有力といわれながら、結局勝つことができず名手河内騎手(現調教師)に譲ることとなり、GIを勝ったわけですが、私もブライトをずっと応援していて、正直その乗り変わりも納得するものでした。でも、それはミッキーの力量不足というのではなく、相性なんですよね。名騎手といっても全部のレースを勝つことはできないし、どの馬をも勝たすことはできないし。

 ヘヴンリーロマンス。まさしく相性の良い馬でした。去年の秋の天皇賞では天覧試合で見事勝利し、陛下にむかって頭を下げるシーン。実際に見に行っていたこともあり、非常に印象の残ったレースでした。馬券?はてどうだったやら・・・

 ダビスタで"松幹"という名から知った松永幹夫騎手。若い若いと思ってきたけど気づけば39歳。そういう自分も歳をとったものです。

 今後は調教師となってターフに戻ってくるわけですが、彼ならきっと味のある良い馬を出してくれるでしょう。

 ミッキー、お疲れ様でした。そんな感じです...φ(.. )メモメモ

 | ホーム |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。