Is There a Moon ?

にわかに見たこと、感じたことなどを気軽に掲載

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

プロフィール

にわか

管理人:にわか

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シナンジュ再び

HGUCシナンジュを購入したときから待ってました。

人気だけならユニコーンをしのぐ

ガンダムエース 2011年 01月号、このシナンジュヘッドディスプレイベース付き。

ガンダムエースにこの手のプラモが付録になるのは珍しいのか、シナンジュの人気が凄いのか。

発売日(11/26)、よく行く書店では発見できず、たまに行く書店でも発見できず。

駅からちょっと離れたごく稀に行ったことのある書店の弊店間際に滑り込み。。。購入。

今回は書店の絞込みがうまくはまったといったところか。

赤い、赤すぎる

早速中身(本誌ではなくディスプレイベースの方)ですが、赤いです。

胸部のエンブレム部分も、ネック部分も。。。違う色はクリアパーツのモノアイだけ。

シールも付属していないし。。。これは。。。塗装するしかないのかっ!

もちろん土台から

もともと塗装するつもりだったので好都合。。。でも黒色ぐらいあってもいいよな。

まぁ個人的には部分塗装好きなので、苦ではないですが。

色は基本はHGUCシナンジュを意識して。ポイントはグレー箇所をシルバーにして強調。

ただ、ネック部分は大まかに塗装して終了。メインは上だしね。

頭部のポイントはバルカン

モノアイの先端はアイグリーン、顔のバルカンはシルバー。頭上のボルト部分はグレー。

頭部はこれぐらいのサイズが丁度良いな。ただ、モノアイは相変わらず隠れる。。。

作りはまぁ付録だしな

普通のガンプラと比べるとちょっとおおざっぱな作りですが、組み終わると良い感じ。

モノアイが首の振りと連動する部分だけは良い仕事してるな。

シナンジュとともに

で、HGUCシナンジュを差し込んで。。。イイねこれは。

シナンジュを持っているならぜひ確保しておきたい逸品ですね。
スポンサーサイト

2着ではダメなんです

東京開催しか足を運ばない身としては今日がラストデー。

ジャパンカップ、それがまさかこんな結末になるとは・・・

かつてのライバル

左から第1回JC優勝騎手アスムッセン、19回、26回、そして今日の30回のJC3勝目を挙げた武豊、5回、12回を制した岡部幸雄の豪華競演の表彰式。

これが文句なしの結果だったならばどんなに良かっただろう。

ブエナ2度目の降着

誰もが疑いもしなかったブエナビスタの完勝。。。その後、降着になるなんて。

残念、ただ残念。勝ったローズキングダムの写真がないなんて。。。

てか、普通に誰も2着に滑り込んだローズキングダムを撮れていないんじゃ。

明日のスポーツ新聞の方たちは結構あせってるだろうな、表彰式も人馬一体じゃないしね。

うーん、こんな撮影大失敗はいつ振りだろうかね。。。

個人的にはローズが不利を受けなくてもブエナが先着したと思うんだが。ブエナも不利あったし。

あーこれが今年の競馬場訪問最終日なんて後味悪いよー!

---

と、気持ちを切り替えてお昼にパドックで懐かしい姿が。

皇帝衰えず

皇帝シンボリルドルフが来ました。

さすがにもう年なので背に岡部を乗せることはできませんが、力強い姿は健在ですね。

ちなみに・・・

AFボタン・・・使えるね

今回からマニュアルモード撮影を止めて、AFボタンを使ったAF.Cモードで撮影に移行しました。

というのも、先日価格コムにてシャッターボタンでの半押しAFではなく、背面のAFボタンを使うと良いというアドバイスを受け、それを実施してみました。

これは使える。シャッターボタンのとは違ってそんなに迷わないでまずまず良い焦点具合が得られる。

マニュアルではし難い、望遠状態から近接への切り替えもスムーズにいくし、もっと早く聞いておけばよかったな。

というわけで今年の競走馬撮影は終了。

また来年にお会いし馬しょー!

愛されて6周年

久しぶりにPangyaのお話。

オープンしてから6周年ということでこの数週間はイベント祭り。

合わせてアリンの誕生日でもあり、アリン誕生の時によく遊んでいたなと思い出にふけったり。

最短でのゴールイン

ビンゴイベントは最短日程で終了。これを機に大会重視から対戦重視に移行。

思えば最近の大会重視になる前は対戦重視だった時期もあったし、趣向はループするね。

初のトマバックHIO

と、今はルーシアが主力ですが、そこで対戦中では初のトマバックHIO。

パンミスHIOやバックスピンHIOをまぐれで入れたことがあったけど、トマバックは初。

対戦だと勝負どころが目に見てわかるし、勝負どころはトマバックが基本ですからね。

こういった経験が実を結んだのかな。といってもほぼマグレなのには変わらない。

いろんなプレイヤーの技術が見られるんで次のステップのために対戦で磨きますか。

そしてたまに大会に出るとなぜか良いスコアが出るんだよな。。。ヤメラレン。

 | ホーム |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。