Is There a Moon ?

にわかに見たこと、感じたことなどを気軽に掲載

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

プロフィール

にわか

管理人:にわか

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PSO2・・・実にあざとい進化です。

待ちに待ったファンタシースターオンライン2のオープンβが始まりました。

オープンβということは正式稼働後もデータは引き継がれるわけで・・・

実質の稼働!ってことで早速育成を始めました。

この配役はあざとい、実にあざとい

メインストーリーはマターボードで一つ一つ試練をクリアしていくことで進むのかな。

もちろんNPCとの交流もあり、ボイスつき(文字の台詞と完全一致してはいないけど)。
無口な主人公(自キャラ)に変わって、こういうキャラが盛り上げてくれます。自キャラもたまに掛け声とか叫び声をあげたりするけど・・・

それにしてもこの姉妹はあざとい。配役も狙いすぎでPSO2、実にあざとい。

というイベントボードがクエスト内でところどころ発生する。
最初は楽しいけど、内容は変わらないことが多いので周回中は素通り推奨。

仲間がいれば怖くない

緊急クエストじゃなければ育成中に仲を深めたNPCを連れて行くことができる。
PSUでもできた仕様だけど、これがあるとないとではソロプレイの難易度が違うからね。

しかも今回は読んだ回数に応じてシティ内そのNPCに会うとプレゼントを貰えたり。
これでは乱入プレイしようと思わなくなっちゃうね。

自然豊かな自宅です

そしてPSUからあるマイルームがテラス付きのワンルームで登場。

早速、周回の恩恵を受けたせいでテラスが森化寸前ですが・・・

ちなみにGXの肩に浮かんでいるのがあのマグですね。
餌やりの時間間隔が長くなっているので育てるのはこれまで以上に根気のいる作業になるだろうね。

---

とりあえずGXはレンジャーとして育成中。

1キャラで3クラス(ハンター、レンジャー、フォース)別のレベルを持てるので、今までみたいに複数のキャラを作る必要はなく、1キャラをとことん遊びつくす仕様になっています。個人的にはキャラを作るのが楽しいのにな、って思うけどサーバーの負担を考えると1ユーザ1キャラがいいんだろうね。と言いつつ、鯖を変えて作りそうだけど。ヤンマーニとか復活させたいし。

しかし、フォースの[゚д゚]なんてどんな感じになるんだろう・・・
スポンサーサイト

次回作にご期待ください

競走馬を撮影に行ったり、PSO2のテストプレイもあったり。さらにはゴルフを始めようかなんて歳にもなったりでお休みの週末に時間をあまり割いていなかったため時間がかかりましたが、ようやく1週目をクリアしましたのでご報告。

第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇
(2012/04/05)
Sony PSP

発売日から2ヶ月遅れなネタにネタバレ云々で伏せるのもおかしいので、ありのままを書き綴りたいと思います。

1. システムについて

本作品は3部構成の第3部。いわゆる最終章ですね。
前々作(PS2)から前作(PSP)はハードが変わったこともあり、変化はそれなりにありましたが、前作同様PSPなので目立った変化はなし。
というわけで、引き続きプレイする方には特別な説明不要。メディアインストールに時間がかかるけど、その分、通常プレイで不満のないレスポンスは顕在。終盤を除いて1話をゆっくりやっても30分程度で攻略できるので区切りもいい。
そういう意味では代わり映えがなく、飽きやすいんだけど・・・今作は前作に比べて出撃数が増量され、前作では出番のなかった前々作のオリキャラやキャプテンクラスが合流してくれたのがなによりも嬉しく、飽きずにプレイできた。

2. シナリオについて

1週目はマクロスF(劇場版除く)、00(劇場版除く)を中心としたルートを選択。
オリジナルストーリーの方はこれからのスパロボの展開を含めると終息できないのでまだまだ続くよって感じですが、各作品のストーリーはそTVで見ていた作品でもあるのでやりやすかった。
本筋にはルルーシュがメイン。私の守備範囲ではなかったので、ルルーシュ(ゼロ)、C.C.、カレンの起用方法に若干のミスが生じたけど、最後は良い感じになったのでまぁ良し。最終話序盤でゼロを落とされたミスがなければもう少し楽に倒せたかな・・・

3. レベルについて

前作まではストーリーを楽しむことを重視し、ゲームレベルが上がらないようにSR狙いはほどほどにしてたけど、今回はそういったのは抜きで狙えるなら狙っちゃおうという気持ちでプレイ。結局、いくつか取りこぼしてパーフェクト達成はならず。
それでもレベルはNormalから早々にHardになったけど、ターン制なので考えて戦えばなんとかなった。というレベルなので人によってはぬるく感じるけど、キャラ・ユニット重視のスパロボならこの程度のスカッとさで十分だと思うね。

4. キャラ・ユニットについて

なんといっても前作で放置されたジャミル、サンドマン、そしてオリキャラのランドが戦線に復帰したのがうれしい。
ランドは旧BGMが好きだったので変わってしまったのが残念ではあるけど。

スパロボで注意しなきゃいけないのが育てたキャラの裏切りだけど、今回はその主犯格であるクワトロが終始こちらが側に居てくれたのは意外。ただ、ずっと百式なのはどうなんだろうね。次回作はサザビーのシャアとして登場して欲しいけど、そうしたら仲間になるのがなくなるのでそれはそれで嫌だけどね・・・難しい選択だね。ゼロが仲間→敵となったときは失敗したかと思ったけど、戻ってきてくれて一安心。結構育てたからね。

5. オススメキャラ・ユニットについて

全滅、ターン制限のSR狙いなら「かく乱(敵全体の命中率半減)」持ち必須。
無駄に個々で「集中(回避率50%アップ)」とか「直感(100%回避・100%必中)」といったSPを消費したくないしね。
育成狙いなら「幸運(PP2倍)」「努力(経験値2倍)」あたりを優先したいところ。
特に各話のボスのフィニッシュ時は必ずかけておきたい。この多用で控え組から主力組に昇格したキャラもいるぐらい。

それを踏まえて個人的に重宝したキャラは・・・

「かく乱」持ちのロアビィ。
X組は個人的に優先する傾向にあるけど、Gジェネと違ってスパロボは主役と脇役で戦力差が如実に出るのでガロードとジャミル以外は出撃しないことが多かった。そんな中、ロアビィを昇格させたのは「かく乱」持ちだったってこと。
副産物としては攻撃範囲が広いのも良いよね。

あとはほぼ主役級を使ったかな。やはり複座型は使える精神が多彩で良いよね。
グラヴィオンは個人的な趣味を除いても優秀。サンドマンとのコンビネーションも最高。
終盤はダンクーガの2機が活躍した印象。最終話は「覚醒(攻撃回数+1)」の有無で勝敗が分かれるからね。

6. 総括

まず、3部作のラストということで、全キャラ登場したのが良かった。

サンドマンの「合神せよ」、ジャミルのサテライトキャノンも復活したし、言うことなし。
唯一残念だったのはランドのBGM。ガンガンレオンが好きだったんだよね。

さて、これで一応の区切りがついたと思いきや、なんかまだありそうな終わり方。
ついに第2次スパロボが終了し、第3次に移行するのかな・・・

希望としてはマクロスF劇場版を入れて欲しい、と思ったけどあれだとアルト最後合流できないな・・・

ZETAの鼓動

docomoの新作内覧会に行ってきた。

と、その前にPENTAXフォーラムに立ち寄り、先週まで酷使していた愛機K-5の掃除を依頼。
去年のGWに購入したので丸1年。保証期間は過ぎたければ、こうやって手入れをすると、また新品を手に入れたときのワクワクした気分になれるんだよね。

そんなメンテ中の合間にdocomoの新作内覧会会場のある水道橋へ。

K-30のパンフが異彩を放つ

2週間前にデサントのプリズムセールが行われた東京ドームシティのプリズムホール。
短期間で2回も来るなんて、なんだかホームに来たような親しみを感じる自分がいる。

プレミアステージ(docomoの機器を使って10年)とDCMX会員のみが参加(招待)できる内覧会ということもあって、待つこともなくすんなり入場。天気も雨だったし。
そして、さほど並ばずにこれから発売される新作を思う存分触れることができた。

また、歴代の携帯電話をAKBみたいに総選挙してた。
それにしても短期間でデザインがホント変わってるよね。折りたたみが流行って、折りたたまないのが流行って、また折りたたみに戻って、そしてスマホへ・・・そんな私の中のセンターはN505iS。

歴代CM、広告も時代の流れの早さを痛感。そっかあ、ポケベルだもんな。10数年でどんだけ変わるんだよ。

---

で、お目当ての新作を触り比べ。

スマホ初心者なので、何をすれば的確な比較ができるのかわからないけど、とりあえずよく使うだろうカメラ、ミュージック、メール(文字入力)の操作をちょちょっとやってみた。

スペックで一足先に行くGALAXY。
スペック的に他社より優れているし、ヌルッとした動作は確かに優れてた。が、そこまで感度良くなくてもって感じが。タッチした瞬間に反応するから誤操作しかねない。

GX。名前の響きで真っ先に購入しようと思ったのがこのGX。
だけど赤外線通信、ワンセグ非対応なのがマイナス要素。触った感じ、他のよりちょっとレスポンスが悪いような。ウォークマン機能はいいんだけどね。

質感的には機能で劣るSXが良かった。
あれならカバーつけなくてもいい。ただ、私の手には、大きめのスマホの方がしっくりくる。

一番の人気だったのはARROWS。
クアッドコアなのが人気の要素なのかな?が、その影響なのか、液晶画面側もちょっと熱を持ってたのが気になる(他の人が触ったからかもしれないが)。別段他よりサクサクって感じでもなかったし。

と、そんな中、一番お触りして試したのはZETAの鼓動こと、SH-09D。

カメラも申し分なく(AWBはちょっと?って時があるけど)、レスポンスも悪くない(GXよりは上かな)。
会場では聴けなかったけど、サウンドも良いらしいので、ウォークマンの代わりをしてくれそう。発売日も6月末と、購買意欲がある時期に出してくれるのもうれしい。

そんなわけで、ZETAに決めたっ!

 | ホーム |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。