Is There a Moon ?

にわかに見たこと、感じたことなどを気軽に掲載

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

プロフィール

にわか

管理人:にわか

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい相棒と共に

K-5Ⅱs/PENTAXを手に入れました。欲望に忠実に。

というわけで早速・・・

あいにくの曇天(雨天)デビュー

競馬場デビューしてきました。

K-5Ⅱs発売から1週間後に天皇賞・秋とか、狙い撃ちじゃないかっ!

紅葉はもうちょっと先かな

開門ダッシュでは出遅れたものの、運良くゴール過ぎのまあまあの位置を確保。

その後は恒例の競馬場内散歩。
残念ながら曇天に加えて秋らしい紅葉ももう一つといったところですね。

残り数輪のバラ

春競馬時には咲き誇っていたバラもまばらに。バラだけに。
・・・ち、違う!そんなのを言うために・・・

---

と、ここでK-5ⅡsにNRが効いていたことに気づきました。
確かに拡大表示したときにディテールが落ちてたから、??と思ってたけど。レンズの限界かなと思い込みそうだったので秋天本番前に気づいて良かった。

少しTAvモードに躊躇しちゃうかもな

と、レース写真を撮り始めた半ばで再び問題発生。

普段はTAvモードにてシャッター速度、F値を固定して撮っているのですが、AFボタン押下による流し撮りでの連写中に急にシャッター速度、F値、ISO感度が変わってしまう現象発生。

K-5ではこんなことにならなかったのに・・・と、いろいろ触ってみたところ、恐らくAFボタンのちょっと上にあるグリーンボタン(自動露出or設定リセット)に触っていたのではという疑惑が浮上。

それならばK-5でもその危険性はあったわけで・・・うーん、考えている時間はないし、本番で同じ誤爆をしたくないので急遽設定をグリーンボタン無効のTv(シャッター速度固定のみ)に変更しました。

本番前に修正完了

そんな感じで本番を前にして軌道修正完了。
ISO感度は極力上げたくないけど、こうも空が暗いと仕方ない。
といっても、K-5よりさらにノイズが軽減されたような気がするので選択肢は増えそうだね。

---

鞍上は違えどこのガッツポーズはダービーを再現か

2年前のダービー以来の勝利をこの秋天で成し遂げたエイシンフラッシュ。

シルポートの大逃げが決まると思ったけど、内から長くいい脚を使った。
フェノーメノが斤量差を活かして伸びてきたけど、最内からロスのない競馬をさせたデムーロはさすがといったところ。

馬上ではなく降りて深々と

今日は天皇皇后両陛下がお見えになっておりました。
どおりで警視庁の方がちらほらいたわけですね(事前情報なし)・・・

あれから7年か・・・

前回は松永幹夫元騎手が馬上から。
今回は下馬して礼をする当たりはイタリア人らしいね。

と、ちょうど直線上の位置で撮影してたのは偶然ながら本当に良い場所だったなと。

いつになくテンションが高かったような

ゲストプレゼンターはお馴染みの眞鍋かをりさんでした。

最近は事務所がうるさくなったのか、ゲストが少なくなったし、来るとしてもJRA関係者だね。

にしても、いつになくテンションが高かったような。

思ったより暗かったけど、ピントはあうんだなー

さて、K-5ⅡsとK-5の違いで一番眼を引くのが、暗くてもピントが合うところ。

思ったより明るく撮れてたなーと思うのは、屋外でデジカメの液晶画面を見るのとPCで見るのとで明るさにギャップがあり、よくあったこと。屋外だと少々暗めに見えるのに、PCだとちょうど良い明るさだったり。

K-5Ⅱsでは背面液晶がK-5から変更されたことで、そのギャップは小さくなったと思う。

ただ、暗部でもピントが合いやすくなったことで、暗くて使えないなーと思うようなのが撮れてしまうこと。背面液晶だと、暗くて、「えっこれでAFあったのか・・・」⇛帰宅後PCで「あ、ちょっと暗いけど確かにあってるな・・・」といった感じ。

AFが合わないと現場で気づくけど、こうも撮れてしまうと・・・という贅沢な悩みが増えたのは確か。

たかが1日の使用でしたが、特徴は見えてきたので次のジャパンカップまでには、より安定した撮影ができるようにいじくりたいと思います。

それも全ては良い撮影ポイントを抑えられればの話。
オルフェーヴルが出走してきちゃうと人多すぎで破綻しそうな気がするけどね・・・
スポンサーサイト

新しいものは良いものだ

台風の影響で天気の動向が読みにくい時節になりました。

東京駅も観光地の一つに

10月1日に完成した東京駅に行きましたー!

東京駅に東京駅目当てで来たのは初めて。そんな場所が東京駅目当てだろう人でごった返していました。

丸ビルに来たのも初めて

全体を撮影できるポイントとして有名?な丸ビル5階から。

ちゃんと情報を得て来ている人も多く、テラスは撮影者ばかり。さすが東京です。

丸の内北口方面から

丸の内北口方面から。

駅はイイ味出しているんですが、雨よけがね。ここはあえて無くすというのもありかなと。

欲を言えば周りの高層ビルも・・・なんて無理ですよね。

さぁ新製品の力を見せてもらおうか

場所を移して秋葉原へ。

K-5Ⅱ体感&トークライブに行って来ました。

思ったより良い色あいです

購入候補Q10が全色でお出迎え。

実機もあったので触ってみたが、ズーム(06)はいまいち。ちょっと焦点距離が必要になるので実用性にかける。標準(02)のAFはそれなりだったので、このカメラにはやはり標準02が合ってるのかな。

昔はスケルトンタイプって流行ったよね

K-5Ⅱのスケルトンモデル。

一刀両断

そして一刀両断モデル・・・と。

ここまでさらけ出せるほどペンタックスのカメラは進化したってことだろうね。

愛機のK-5からK-5Ⅱ、K-5Ⅱsがどれほど進化したのか。

見せてもらおうか、ペンタックスのマイナーチェンジというものを!

---

後悔しています。このお触り会に参加したことを。

聴講した田中氏のセミナーで聞いた内容、見た画像・・・

ローパスフィルタレスというだけなのに・・・なんだこの解像力の破壊力!

さらに気になったのは「セレクトエリア拡大設定」。

これ、HPを見ても仕様の中に埋もれてるし、なにげにK-30でも採用されているのね。

この手のセミナーには初参加だったので1時間もやるとは思いませんでした。

プロカメラマンもここまでカメラを知っている(教えこまれている?)とは尊敬に値しますね。正直なめてましたプロカメラマンという職業を。

しかしまぁK-5Ⅱs・・・実機も触った感じ、まんまK-5なんだけどな・・・

---

会場から出ると、曇り空が一変して綺麗な青空。

予定を変更して東京駅再び。

やはり青空がイイネ

そんなK-5での撮影中も頭の中はK-5Ⅱsのことばかり。

マイナーチェンジなのはわかってるけどね・・・

暗所に強い(もちろん通常のAFも向上だと思う)、ローパスフィルタレス(デメリットも打ち消すメリット)、セレクトエリア拡大(実際どんなものかは撮影してみないとなんとも)・・・

天皇賞秋に間に合ってしまうのも実にまずい(発売10/19、秋天10/28)。

ケータイやらゴルフやらでここ最近の浪費が激しいので、これ以上は避けたいのに。

あーーー後悔するなら買って後悔する方がいいのか・・・

とりあえず明日、結論出したいと思います(買ったとして秋天に間に合わないのはやだもんね!)。

あーーー行かなきゃよかったー!そしたらまだ安価なQ10で収まってたのに。もうQ10は頭の中にないんだよね。。。。

 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。