Is There a Moon ?

にわかに見たこと、感じたことなどを気軽に掲載

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

プロフィール

にわか

管理人:にわか

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラスト・ラン

早いもので今年は本日が最後。

この時は良い空だった

秋晴れの東京競馬場。
泣いても笑っても今年最後の府中です。

ジャパンカップ

開門は7時30分。
ダービーの7時20分には及ばないものの、一線のGI馬が勢揃いした盛り上がりは久々の感覚でした。

実は前日も下見がてらにココに来ていました。
1年ぶりに、K-5Ⅱsをぶら下げて。

K-5Ⅱsと紅葉

残念ながら、雨雲模様だったものの、隠れた紅葉スポットである東京競馬場の日本庭園をブラブラと。

これを、ジャパンカップ当日の現愛機であるK-3と比較すると・・・

SIGMAレンズで

被写体が違うので、一概に比較はできませんが、仕上がりの絵はあまり差がないと思います(腕もあれなので)。

ただし、ピント調整(AF)や操作性等、使い心地を見ていくとK-3の力を改めて実感することになりました。
新旧を交互に使ってみて初めて分かるその技術の進歩。恐れいります。

---

LONGINES社のタイアップ

LONGINES(ロンジン)社がなぜかタイアップについた中で開催されるジャパンカップ。
こういう形で演出されたGIを観るのは初めてですね。

といったジャパンカップ、開幕。

お静かに

エピファネイアの圧勝劇。

世界No.1のジャスタウェイや凱旋門帰りのハープスター。
JC連覇中のジェンティルドンナに天皇賞馬のスピルバーグ。
今年のクラシック勝ち馬、イスラボニータ、ワンアンドオンリー・・・

歓喜のスミヨン騎手

挙げればきりがないほどの豪華メンバーを従えての4馬身差の圧勝。
恐れ入りました。

リン・チーリン

表彰式のプレゼンターはレッドクリフでは小喬を務めたリン・チーリンさん。

田中将大投手

そして、ヤンキースの田中将大投手が務めました。

---

これで今年の東京開催は終了。

秋は馬券がさっぱりだったなー。
やっぱり競馬を見る頻度が減ったから分析力も著しく低下。

それでも競馬場の風景は好きだし、開門ダッシュさえ緩和されればまだまだ通いたい場所には変わりなし。

最後の景色

また心新たに、春、ここで会いましょう。
スポンサーサイト

都会の秋

連日の快晴。

これは行くしかないんじゃないでしょうか。

満を持して御苑

都心のオアシス、新宿御苑

透き通るような青空と

これ以上ない快晴です。ホント、良い天気で良かった。

水辺が見どころ

ここは歩きまわって秋を探すのがポイント。
区画を区切っているわけではないので、どこに何があるかは経験がモノを言う。

この景色が見たかった

木陰にある人気スポット。
今年も良い色合いを見せてくれました。

プラタナスの並木

新宿御苑と言えばのプラタナスの並木も本番の装い。

良い頃合いです

この大きな葉の絨毯がこれまた格別なんですよね。

イチョウの木

銀杏のニオイがしないイチョウの木。
いわゆるオスってことらしいです。

ふかふかの絨毯

そのイチョウが敷き詰められた黄色の絨毯。
プラタナスとは異なるふかふかな絨毯に仕上がっていました。

ヒマラヤ桜

さらには冬を通り越して春が来たかのような桜がお目見え。
ヒマラヤ桜は早くて12月頃とのことですが、既に咲き誇っています。

メジロも春を待ち遠しく

そりゃメジロも来ちゃうよね。
ここだけ見るとホント春に感じちゃう。

赤い、赤すぎる

でもこの季節はこの色。

やはりこの季節は赤

このグラデーションは花には無い無限の魅力。

黄色も良いよね

新宿御苑の紅葉も素晴らしかった。

ガンプラ日和

紅葉を堪能した後、足早に次の目的地へ。

恒例のEXPO

毎年恒例となったガンプラEXPOへ。

アニメを再現

物販目当てとかそういうのではないのですが、なんとなく来ちゃうといった感じで。
これはトライのアニメ6話を再現でしょうか。

プラモそのものもいいけど、やはりジオラマには夢があります。

レオパルドは出ないのかな・・・

地味にラインナップが増えつつある我らがフリーデン。
そろそろレオパルドもお願いします。

買うことは買うけど!

ってその前にDXのMGも出ちゃうんだねー。
そうだね、積んでるGXも作らないとね。エアマスターもね。

---

個人的にDX以外は、それほど大きな注目作も無く(いやあるだろうけど)。

ビルダーズワールドカップの投票へ。

次元が違う

他の子が可愛そうな感じがする、畑さんの独壇場のジュニア部門。
なんでこの歳でここまでポケ戦を深読み出来るんだよ。

日本代表

大人部門はこちら。演出よりも一体の作り込みとスケールのデカさが目を引きました。

吉本から

吉本から参戦のグフ。
こういうのは芸術作品としての評価が入ってくるから難しいね。

こういうのも評価してほしいな

こういうジオラマ的な作品も評価して欲しい。

プラモデルってこういうことも出来るのが夢がある

次はこういうジオラマで競うガンプラアニメをお願いします。

 | ホーム |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。