Is There a Moon ?

にわかに見たこと、感じたことなどを気軽に掲載

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

プロフィール

にわか

管理人:にわか

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015 日本ダービー

行くか、行かぬか迷いに迷い

日本ダービー

またまた来ました、日本ダービー。

7時20分開門。
といっても、ここ最近のダービーに比べれば多くはなく、そこそこ良いポジションを確保。

・・・したつもりでした。

トキノミノルもダービー馬

天候はまたしても良い方向で裏切り、晴天。
今回は出発前に天気予報が変わったのを確認していたのでそこそこ準備できました。

ウオッカもダービー馬

トキノミノル、ウオッカ、それぞれ第18回、第74回の日本ダービー馬。

本日は散歩時間も大量にあったので、違う角度で捉えてみました。

ダービー開幕です

実は昨日、ダービー当日は天候に恵まれ無さそうだったので、今日の分も散歩して写真を貯めておいたのですが、そんな気遣い無用の晴天になったので、それらはひとまずお蔵入りです。

---

そしてダービー。

ドゥラメンテの2冠

11万人の観客が見守る中、ドゥラメンテが快勝の2冠達成。

レンズのAFが不調でゴール前がブレブレ(MF)。
せっかく頑張って良い場所が確保できたのに・・・競馬が一区切りついたらメンテに出したいと思います。

デムーロ2度めのダービー制覇

ウイニングランはなんとか気を取り直して。

凱旋門賞も視野に入っていて、オルフェのように父母が馴染みあるってのも好感触。

瑛太さん

プレゼンターは瑛太さんと、

有村架純さん

売り出し中の有村架純さん。

取り巻きの関係者が多く、せっかくの表彰式がほぼ見えず。
JRAのイメージキャラクターなのに、観客を無視してどうなんでしょう。

残り1週を駆け抜けます

ともかく東京GI5連戦も残すところ、あと1週。

最後はビシッと写真も馬券も決めて終わりたいですね。
スポンサーサイト

雨予報からのオークス

前日までは雨の予報だったはずなんだが・・・晴れたね。

曇りのち晴れ模様

開門は8時30分。
前日の雨予報と、今年はスターホース不在というのも影響しているのか、昨年より10分ほど遅い開門でした。

すっかりダービーデー

そんな場内は、すっかり翌週に控えた日本ダービー色に染まりつつあります。
果たして来週はこんなにのんびりと散歩していられる余裕があるのでしょうか・・・

また、雨対策はばっちりだったものの、晴れ対策に関してはほぼノーガード。
愛用の帽子とサングラスは家にお留守番。日焼け覚悟(実際焼けましたが)でレース開始です。

---

コロニーが落下せずに済んだようです

3R、未勝利戦。
アバオアクーが力強い勝利。場内にジークジオンならぬアバオアクーの名が連呼されました。

先日はネタ馬券として買っていたのですが、今回はさすがに無いだろうと思っていたら・・・まさかの勝ち上がり。
かのア・バオア・クー以外に馬名の由来を考えるのは困難ですが、なぜこの名前にしたのか(将来性がある名前ではないのに・・・)疑問ですね・・・

圧倒的一番人気の落馬

6R、3歳混合500万以下。

単勝1点台の圧倒的一番人気のアンタラジーが発走直後に外側にステップして騎手を振り落とし、まさかの落馬で競争中止。

その瞬間、観客のすさまじいどよめきと怒号であふれたものの、最後はスタンド前を横切り、きっちりゴール板まで走り切ったアンタラジーの姿には皆が癒やされました。

そんなレースを締めたのが武豊騎手

そんなレースを締めたのが4番人気のサウンドバーニングと武豊騎手。
未勝利戦勝ちからの連勝。秋の飛躍に期待です。

---

優駿牝馬、オークス。

スタンド前からのスタート

スタンド前からのスタート。
通過する時のヒヅメの音の重なり具合が、さらに気分を高揚させてくれます。

春のミッキー

内側の馬場が少し荒れているのが気になってはいましたが、その不安がそのまま形になり、期待していた内枠勢は総崩れの展開に。
そんなレースを勝ったのは、桜花賞で抽選に漏れて走れなかった、裏街道娘のミッキークイーン。

初オークス制覇

この勝利で、通算5戦3勝2着2回。

右の阪神(忘れな草賞)、左の東京(オークス)と連勝。
重馬場での勝利もあるし、距離もマイルからクラシックディスタンスと、不得手は無さそうなので秋にも期待が持てます。

2着は桜花賞からの巻き返しを誓ったルージュバックで、3着は桜花賞2着のクルミナル。
たまたま強い馬が外枠だっただけかもしれませんが、上位を全て外枠が締める形になり、東京競馬場の馬場のコンディションが変わってきたのかなとも思います。

来週はさらに予想が難しくなるかもね・・・

浅尾美和さんと撮影

本日のゲストプレゼンターは浅尾美和さん。
表彰式では、馬主の野田さんの影に隠れる形で控えめに撮影。。。

ゴール板と

表彰式後は、ゴール版前で個人的な撮影をされていました。

---

さあて・・・次週はいよいよダービー。

正直、9割方これまでのような撮影は諦めていて、行くかどうかも悩んでいます。
出る馬は毎年変わるのに、ダービーって名前だけで人が押し寄せるんですから凄いレースです。

ひとまずダービー前日の無料デーには顔を出して様子を見たいと思います。

GI珍道中-ヴィクトリアマイル

春の東京GI、2週目。

マクロで散歩

先週に続いて8時50分の開門。
遅めですが、あせることはない。散歩は休んじゃダメ。

バラが輝いています

続く猛暑でバラの見頃もそろそろ折り返し地点かな・・・

---

大器の予感?

5Rの未勝利戦。
圧巻の差しきり勝ちを収めた1番人気のレアリスタ。

デビュー戦で単勝1.6倍。
半兄に安田記念を3歳で制したリアルインパクトがいるのが人気を押し上げたんでしょうね。

この時期にデビューというのが脚元に不安要素があるのかなと思いますが、ステイゴールド産駒らしく息の長い活躍を期待したいと思います。

---

メインレースの開催10回目を迎えたヴィクトリアマイル。

鋭い差しきり勝ち

人気薄のミナレットとケイアイエレガントが後続を引き離す逃げの展開。

このまま決まるかといったところで、ストレイトガールが豪快な差しきり勝ち。
3連単はどえりゃーことに、2000万円を叩き出すほどの大荒れに。

鮮やかな手綱さばき

最後は33.0秒の末脚で他馬を一蹴。

高松宮記念で1番人気に推されるも13着惨敗。
それまで1200mを主戦場としていましたが、血統を振り返ると父フジキセキ、母の父タイキシャトル・・・これはマイルの方が実はイケるのかもしれません。

JRA-VANイメージキャラクター

JRA-VANのイメージタレントを務める藤原竜也さんがプレゼンターとして登場。

長い間、眞鍋かをりさんが務めていて、このプレゼンターとして何度も来場され、非常にファンに暖かく接していたのが記憶に残っています。

その後任として初来場の藤原さんでしたが、これまた丁寧に対応されていて、去り際にはサインに応じていました(まぁ初なのでどこまでサービスすればいいかわかっていなかったのかもしれません)。

私の中で、デビュー当初は正直好きじゃなかったですが、今は好きな俳優の一人。
女性ファンも多く来られてて、これからの競馬人気をひと押ししてくれれば良いですね。

 | ホーム |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。