Is There a Moon ?

にわかに見たこと、感じたことなどを気軽に掲載

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

プロフィール

にわか

管理人:にわか

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偶然と必然、それは自然に突然に。

刊行された時期は違うし、作者も違う。

でも、にわかが手にしたのはほぼ同時期だった。

水の迷宮 (光文社文庫)水の迷宮 (光文社文庫)
(2007/05/10)
石持 浅海
悪夢の観覧車 (幻冬舎文庫 き 21-2)悪夢の観覧車 (幻冬舎文庫)
(2008/05)
木下 半太

どちらも1つの事件から始まる。片方は必然でありながら偶然の連鎖。もう片方は偶然のように見えながらそれは全て必然であり・・・

確かに途中からなんとなくは予想できるが、そこはうまいところ。さらにその上を行く答えがそこにある。

別に推理小説が好きだからってわけでもなく、ただなんとなく手にした本だった。左は魚を飼っていたころを思い返して、右は・・・あれ、特にないか・・・

まぁ偶然の偶然は必然ってことでこの2冊を連続で読み終えてみての感想。

これも偶然を装った必然の出会いだったのか・・・
スポンサーサイト

COMMENT▼

こんにちは。
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://moonattack.blog39.fc2.com/tb.php/385-77bf5a56

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

水の迷宮 石持浅海

三年前、不慮の死を遂げた片山の命日に事件は起きた。 羽田国際環境水族館にメール。展示生物を狙った攻撃が始まった。 警察を呼べない設...

 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。