Is There a Moon ?

にわかに見たこと、感じたことなどを気軽に掲載

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

プロフィール

にわか

管理人:にわか

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書の夏から秋

書きそびれて数冊。一気に書いてみる。

マリアビートル (角川文庫)マリアビートル (角川文庫)
(2013/09/25)
伊坂 幸太郎

木下半太ばりの展開の逆転、逆転。

過去作のグラスホッパーからつながる話でもあり、もう一度読み直してみたいところ。

サンブンノイチ (角川文庫)サンブンノイチ (角川文庫)
(2013/08/24)
木下 半太

という木下氏の作品。

さすがです。立場の入れ替わり立ち代り。
最後の最後まで気を許さない展開は、伊坂氏では真似できない領域です。

月の上の観覧車 (新潮文庫)月の上の観覧車 (新潮文庫)
(2014/02/28)
荻原 浩

上の2冊とは打って変わっての郷愁漂う短篇集。
荻原氏の真骨頂だね。

何と言っても最終話の「月の上の観覧車」の最後は・・・ぐっとくるね。

サヴァイヴ (新潮文庫)サヴァイヴ (新潮文庫)
(2014/05/28)
近藤 史恵

サクリファイス、エデンに続くロードレーサーのサイドストーリー。

世代、立場が違う人間のこれまでの道のりや見えなかった人物像が見えて良かった。
これもサクリファイスとエデンからの続編的な作品なだけにまた読み返してみようかな。

読書の秋も深まってきましたが、あと年内に何冊行けるかな・・・

読書の秋に

カンタ (文春文庫)カンタ (文春文庫)
(2014/05/09)
石田 衣良

サクセスストーリーからの落とし穴。それでも忘れないキズナ。

落としっぷりがちょっと雑な気がしますが、最近の企業を見るとあるあるだろうね。

オー!ファーザー (新潮文庫)オー!ファーザー (新潮文庫)
(2013/06/26)
伊坂 幸太郎

伊坂氏の世界観がちょっと個人的にずれて来ていたけど、この作品は違った。

久々に読み終わりがすっきりした気持ちに。
無機質な主人公は変わらないけど、周りがいい味を出していて、ないけど続編がほしいなと。

疾走

一週間ほどネット不通の時を過ごし、更新時期を逃し・・・

ま、大したネタは無いんですが・・・

疾走 上 (角川文庫)疾走 上 (角川文庫)
(2005/05/25)
重松 清

疾走 下 (角川文庫)疾走 下 (角川文庫)
(2005/05/25)
重松 清

重松氏の作品とは思えぬ作品。

まさに題名の如き疾走。怖いぐらいの疾走。

もう少し止まってもよかったんじゃないかな・・・

それでもブログの・・・

更新が途絶えていました。
暑さのせいにしちゃいかんのですが、ホント夏の写真ネタに困る。

ということで、ここは黙って読書の夏。

うつくしい子ども (文春文庫)うつくしい子ども (文春文庫)
(2001/12)
石田 衣良

学校という組織が創りだした閉鎖空間。

それに立ち向かった主人公の芯の強さには脱帽です。

半パン・デイズ (講談社文庫)半パン・デイズ (講談社文庫)
(2002/11/15)
重松 清

東京から田舎に引っ越して・・・の成長記録。

最初のぎこちなさも中学生まで行けば、自然と馴染む。
これが子供のなせる業ですね。

---

年に数度訪れるブログサボりぐせ。
今度はちゃんと続けよー・・・

生きる

ひまわり事件 (文春文庫)ひまわり事件 (文春文庫)
(2012/07/10)
荻原 浩

幼稚園と老人ホーム。

正反対な存在が相まみえる時、何が起きるか。
切なくもこれが人生なのかな、って気がします。

砂の王国(上) (講談社文庫)砂の王国(上) (講談社文庫)
(2013/11/15)
荻原 浩


砂の王国(下) (講談社文庫)砂の王国(下) (講談社文庫)
(2013/11/15)
荻原 浩


うまい話はない、と一言ですますのは簡単だけど、最初は決してそう思っていない。
作ったものが大きくなりすぎて制御が効かなくなる恐ろしさがここにはある。

そして、またいつもの生活に戻り、それが幸せに感じる。

---

と、荻原ワールドを続けて。
日常とかけ離れた展開があるも、しっかりと日常に戻るのが好きなところです。

«  | ホーム |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。